公文式教室で学ぶ、家で学ぶ、自分で学ぶ きっとできる!だからがんばる。

FrontPage

6月1日より通常教室です
3月から新型コロナ感染症が騒がれ始め、4月は2日間学校に行っただけで早々に休校となり、それに伴い公文教室も休室となりました。
4月の休室の場合は教材も無償提供させていただきました。
5月は、ほとんどの皆さんが「在宅型学習」に移行してくださり、そのまま公文の学習を続けていただけました。
「在宅型学習」はほとんどが復習学習となる「無償提供」と違い枚数制限もなく、公文式の本来の形である「家庭学習」の原点に戻ったものでした。
かえって枚数がはかどり、学校があるいつもより多くの枚数ができたと喜んでくださったご家庭もありました。
5月の半分以上が過ぎ、幸いなことに富士市も静岡県も感染者が出ておりません。
多分大丈夫だろうということで、緊急事態宣言も休校も解除となりましたが、専門家の意見ではただ単に感染者が出ていないだけで、コロナとの戦いは生活様式を変えて長く続けていかなければならない、とのことです。
「密閉・密集・密接」の三密を避け、手洗い・換気を励行することは、これからも続けていかなければなりません。
劇的な治療薬かワクチンが開発されるかしなければ、この「新型コロナ感染症」は世界中を席巻することでしょう。
飲食業・製造業・アパレル産業などあらゆる産業が手痛い打撃を受けています。
世界の存在自体が危ういものになってきています。日常の常識がすべて覆されてきています。
これからの世界を担っていく子供たちの教育の一環に携わる者の一人として、ほんとうに大変な時代が来たと思わざるを得ません。学校制度も、もしかしたら変わるかもしれません。
9月新学期説も浮上し始めました。
静かで穏やかな世界が戻ってくるのはいつのことなのでしょうか。
それは誰でもわかりません。
私たちは私たちが今できることを、確実にやっていくしか手立てはないのです。
4月・5月とご家庭の皆様には多大な負担をおかけいたしました。
何とか休校が解除された今、公文教室は6月1・2日から通常通りに戻ります。
本市場教室:火曜日午後3時から7時、木曜日午後2時30分から6時30分、横割教室:月曜日・水曜日午後3時から7時となります。
なお、横割教室は6月1日(月)から「横割6丁目10-22」 に移転いたします。
画像をクリックすると拡大できます。
  ↓           ↓           ↓
画像の説明
ただ、駐車場がありませんので、送迎の際は周囲の交通状況に十分ご注意ください。
公文式本市場・横割教室 新妻ゆき子

     ***********アクセスカウンター**************

トータル昨日今日
15176112158

富士市の公文式 本市場・横割教室です。

ゆきこくもんは、静岡県富士市の本市場町と横割に教室があります。

公文式は子どもたちにどんな力をつけてくれるのでしょうか。
算数・数学力・国語力そして英語力という教科力がつくのは、言うまでもありませんが、公文式はこれらの教科力のほかにも大事な3つの力をつけてくれます。
ひとつは反復練習力です。未知の問題に接したとき、その間題が解けるようになるまで繰り返して練習する、ねばる力をつけてくれます。次のひとつは、特に国語や英語で身につくものですが、未知の言葉に出会ったとき、その言葉の意味を想像する力です。この力は本や文章を、速く深く読めることにつながります。そして、最後のひとつは、自習する力です。未知の問題に直面したとき、先ほどの反復練習力と言葉の意味を想像する力と相まって、この自習力が抜群の効果を発揮して、考える力・考えぬく力をうみ出してくれるのです。

画像の説明
指導暦43年以上のベテラン指導者および経験豊かなスタッフが
子どもたちの夢実現のためのお手伝いを精一杯いたします。
公文をやってよかった!
公文を続けてよかった!
この教室へ来てよかった!
と思ってくれるような教室作りを目指しています。

モチベーションをあげるために。

「今何をするべきか。目標達成への道は1つ」
ここは何をするところか。
そのためにいまどうするべきか。
私は子どもたちにしっかりと自覚させます。
忘れ物や、約束破りは許しません。
約束を守れる、きちんとした、大人になってほしいからです。
教室では、一人ひとりと真剣勝負。
つい夢中になってしまいますね。
「真の教育者を目指し、子どもたちを見守り続けます」

ゆきこのブログ

ご利用の方はお名前と題名を入れたら、表示に出ている番号(認証コードNo.)を入力後、「記事の投稿」 のボタンをクリックして下さい。

認証コード(6852


みんな元気でなにより

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-27 (水) 09:29:06)

昨日は本市場、一昨日は横割の自粛後初の教室日でした。
5月いっぱいは学校も慣らしで半日や分散登校でもあり、
正式の再開は6月からとしましたので7割程度の出席でしたが、
来ていただいた方は皆さん元気そうで、何よりでした。
ご家庭の皆様も一応ほっとなさったことと思います。
この先、再びコロナが蔓延しないよう、
換気・非密集に努めたいと思います。
当分の間、一つの机には一つだけ椅子を置きます。
滞在時間は長くて1時間です。

これから暑くなりますし、窓は開けておきます。
ご家庭から来るときはトイレを済ませ、
マスクを着用してください。
少しでも熱がある場合はお休みしてください。

専門家はコロナとは年単位の付き合いとなると言っています。
軽い人もいれば重症化する人もいて、
人それぞれのようですが、かからないに越したことはありません。
ご家庭の皆様もどうぞお気を付けください。

コメント


認証コード(0936)

明日から教室行います

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-24 (日) 17:29:18)

まだ学校が本格的ではありませんが、
教室は通常通りに戻します。

25日(月)横割教室  3時から7時
27日(水)横割教室  3時から7時

26日(火)本市場教室 3時から7時
28日(木)本市場教室 2時30分から6時30分

前回お渡しした家庭学習用教材は、
全部終わってなくても構いません。
やったものもやってないものもすべてお持ちください。

教室に来る際は、トイレを済ませ、
できるだけ熱を測り、少しでも具合が悪い時はお休みください。
その場合はご連絡ください。

かならずマスクの着用をお願いします。
入室する場合必ず入り口で、手指の消毒をお願いします。
家に帰ったらすぐに手を洗ってください。
(できれば顔も洗いましょう。)

1教科で30分、2教科以上でも1時間の滞在とします。
その時間内で終わらない場合、残りは家で学習してください。

新型コロナ感染症が制圧されたわけではありません。
いつ何時、また牙をむくか誰にもわかりません。
一人一人が自覚をもって、
この難局を乗り切りましょう。

横割教室は6月1日(月)から新しい場所になります。
現在の教室から歩いて数分のところです。
引っ越しは5月29日~31日に行います。
新しい場所を確認しておいてくださいね。

コメント


認証コード(1651)

本日本市場教材配布日 &訂正します

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-19 (火) 13:26:50)

本市場教室は教材配布日です。
やってない教材もすべてお持ちください。
次の分に回します。

来週1週間は教室学習を希望される方だけお越しください。
今回10日分お渡ししますので、
希望されない方は引き続きご自宅で学習してください。

26・28日にやった分の教材を提出できる時間がある方は
お持ちいただけると大変ありがたく存じます。

今回「在宅型学習」に移行させていただきましたが、
「かえっていつもよりたくさんできて良かった。」
「採点するのが面白かった。」
「どこをやっているのが把握できて、良かった。」
などの嬉しいお声もいただきました。
教室内での学習が、コロナに関してはまだ心配だと思われる方は、
6月も「在宅型学習」を選択することもできます。
また、教室でも学習するが、
家庭学習の採点を続けてみたいという方も、お申し出ください。

コメント


認証コード(6527)

明日18日(月)横割・あさって19日(火)本市場

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-17 (日) 20:28:17)

いずれも2時30分から5時30分まで、
先日お渡しした教材と新たな教材を交換いたします。
やってなくても全部必ずお持ちください。

また最終週(本市場:26・28日 横割:25・27日)は
一応指導者は在室しますが、教室内での学習は希望者のみとします。
希望されない方は、教材交換のみとします。

コメント


認証コード(1406)

緊急事態宣言 休校解除

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-14 (木) 21:50:39)

幸い静岡県も富士市も感染者が出ていないため、
緊急事態宣言も、休校も解除となりました。
しかしながら、まだまだ油断はなりません。
全く感染の心配がなくなったわけではないからです。

休校が解除になったら直ちに開室するつもりでおりました。
ただ、学校もまだ完全に始まったわけではなく、
22日から一日おきの分散登校となっています。
そのため公文教室も、感染拡大防止のため、
密にならず、換気を施し、手指の消毒を心がけるため、
5月最終週は希望者のみ、とします。

18・19日においでいただいたときに、
最終週の出席予定をお聞きします。
そのまま在宅型学習をお続けいただくか、
出席して教室で学習するか、お話しください。

6月1・2日から教室での通常学習を再開いたします。

コメント


認証コード(6264)

まだまだ、まだまだ、気を付けなければ

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-13 (水) 21:46:14)

ステイホームのゴールデンウェークが過ぎて、
やっとどうやら下火になってきたように見える新型コロナ感染症。
学校の休校も全国各地で解除になりつつあります。
でも、この油断が心配です。
決して心緩めないように。
永遠にこの状態は続きはしないけれど、
長いこと共存していかなければならないかもしれません。
そして感染した人を責めないようにしましょう。
好きで感染した人はいないのです。
正しく怖がることは大事ですが、
感染した人を排除してはいけないと思います。

コメント


認証コード(1135)

本日と明日 本市場教室に在室しています

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-13 (水) 13:46:23)

本日13日(水)と明日14日(木)、
2時半から4時半まで本市場教室に在室します。
新しいところに入って説明が必要な方、教材が足りなくなってしまった方、
先日お見えになれなかった方も、お越しください。

横割教室の方もおいでいただけます。
場所は、このページの一番上「本市場教室」を
クリックしていただくと地図が出ます
教室前に車は止められます。

コメント


認証コード(5712)

本日本市場教室在室しています

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-12 (火) 13:44:20)

本日12日本市場教室3~5時の間
在室しています。
先日お見えにならなかった方、
新しいところに入って、わからない方、
時間があったらお越しください。

コメント


認証コード(5256)

ラインでの連絡について

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-11 (月) 09:50:46)

ラインでの連絡をご希望くださったご家庭へ

入会時の保護者名がお父様になっている場合、
こちらでは子どもさんのお名前しかわかりません。
ラインがお母様名ですと、
もしかしたら別人かもしれない、と考えたり、
また、愛称や呼び名・通称などで登録いただいてありますと、
こちらからは連絡が取れません。

ラインをご希望いただいた方は、
もうしわけないのですが、お母様やご家庭の方から、
「知り合いかも?」の中から「新妻ゆき子」に
トークでの連絡をいただければ嬉しく存じます。

コメント


認証コード(2458)

11日(月)横割教室

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-09 (土) 14:31:19)

来週11日月曜日3~5時、横割教室在室します。
新しいとこに入ってわからない人は来てください。

先日、おいでいただいたときに
解答書を受け取っていない方もおいでください。

コメント


認証コード(2474)

今日もありがとうございました

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-08 (金) 21:16:55)

本日は横割教室の教材配布日でした。
ほとんどのご家庭で教材を交換していただきました。
教材を採点して、いくつか気づいたことがありますので、
ここの生徒さんに向けて注意点を書いて郵送します。

あと、11日月曜日3時から5時まで横割教室に居ます。
質問したいところがある人はおいでください。
1名ずつ2m離れて指導します。

コメント


認証コード(0460)

今日はありがとうございました

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-07 (木) 19:42:20)

今日は本市場教室の教材配布日でした。
B以上の教材を学習中の方に、解答書のご希望を伺ったところ、
ほぼ90%のご家庭で解答書のご希望がありました。
学習した後にできるだけ早く採点していただき、
その日のうちに訂正することで学力の定着が全く違います。
でも、決して無理をなさいませんように、お願いいたします。

明日は曜日が違いますが、
横割教室の教材配布日ですので、よろしくお願いいたします。

コメント


認証コード(1791)

「在宅型学習」の指導はどのようにするのですか?

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-06 (水) 14:40:04)

大変的確なご質問、ありがとうございます。

新しいところ、学校でやってないところ、
間違った覚え方をしているところ・・・・・。
本音を言うと、どうやって教えようか思案をしています。
電話では実際に教材がないから伝え方が難しい。
メールは文字ばかりだから、数式は書きにくい。

まず、今考えているのは、こうです。
実際にいくつかのご家族で実施している方法ですが、
毎日学習を定着するためにも、
週1~2回学習済み番号を報告していただきます。
パソコンメールでも、携帯メールでも、ラインでもどれでも結構です。

○月○日(○曜日)数H 16~20 5枚 
         国語F 131~135 5枚
△月△日(△曜日)数H 21~25 5枚 
         国語F 136~140 5枚  以上です。
私からはお返事にちょっとコメントを添えます。

またはラインをつなげるご家庭では、
今日やった教材を写メしていただきます。
私の方は、説明を書いたメモを写メで送ります。
これは拡大できるので、
わからないところはそれを見ながらやっていただくことができます。

それでも、どうしても一人では解けないときは
教材配布日:本市場7日(木)19日(火)2時半から5時
      横割9日(金)18日(月)2時半から5時
以外にも、本市場は火曜日、横割は月曜日の3~5時の間
教室に在室にします。 
三密にならないよう、マスク着用・窓全開・密着しない を守ります。
そして最長10分をめどに、指導を行います。
(7・8・18・19日はスタッフ在室ですが、机は離します)

教室内には生徒さんと指導者の2名のみで順番に行います。
あらかじめ、
「数学H41番(2)がわかりません。
 何日何時何分希望」15分間隔 
          3時 3時15分 3時30分 3時45分 
          4時 4時15分 4時30分 4時45分

というメールをいただければ、準備が可能です。

こんな感じで、5月7日から17日の1週間半をやってみたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメント


認証コード(1762)

5月7日(木)本市場・8日(金)横割

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-05 (火) 22:06:05)

午後3時からとお知らせしましたが、
教室には2時半頃からおりますので、
2時半以降でしたら大丈夫です。
その際は、前回お渡しした教材で学習済みの教材と
まだやってない残った教材も必ずお持ちください。

本市場教室は、次回19日までは日曜日を抜いて9日間、
横割教室は次回の18日までは、日曜日を抜いて7日間あります。
そのため一応の目安として、
本市場教室は8日分、横割教室は6日分お渡しします。
枚数制限はありませんので、朝夕やるので余分に欲しい方、
また基本箇所を復習したい方も、ご遠慮なくお申し出ください。

なお、この「在宅型公文式学習」は4月と違い有料になります。
「在宅型学習」をお選びいただいた方は、
4月分としていただいてある分を充当いたしますので、
あらためてお納めいただく必要はありません。

「在宅型学習」を選択なさらないこともできますが、
その場合は採点・指導はできかねます。
また、提供枚数にも制限がありますので、お願いいたします。

また、進度についてはなるべく復習を入れずに進みますので、
その場での採点、訂正が必要となります。
解答書をご家庭にお渡しすることも可能となりましたので、
ご遠慮なくお申し出ください。
その場合、「家庭学習の採点の仕方」の印刷物を必ずお読みください。

今回、このホームページのブログでお知らせしましたが、
HPをご覧になれない方もおられるようですので、
個別にお知らせのメールを差し上げます。
パソコンがおありの方はパソコンメールを、
携帯メールアドレスをお持ちの方は、
メールアドレスをお知らせいただければ、
こちらのパソコンからメールが差し上げられます。
いずれもお持ちでない方には、SMSメールでお知らせします。
ラインでのメールをご希望の方は、
当日お知らせいただければ、
当方のラインにアクセスできるようにしておきます。

一日も早く、コロナが終息し、
日常の生活が戻って来ることを願ってやみません。
皆さん、体に気を付けて必ずまた教室で学習しましょうね。

コメント


認証コード(2284)

あと1ヵ月

  • 投稿者:ゆき子 (2020-05-01 (金) 13:44:38)

休校が伸びてしまいました。

毎日おうちに居るみんなは、どうしてるかなあ、
ちゃんとできてるかなあ、お母さんを困らせてないかなあ、
いろいろ心配です。

毎日ご飯作ってくれるお母さんに感謝しよう。
給食のありがたさを感じよう。
たまには自分で作って、みんなに食べさせてあげよう。
「何が良い?」って聞かれたら、
「なんでも良いよ。」なんて言わないで、
一生懸命考えて、
「○○作ってください。」って言ってみよう。

ご飯作ってる人は、
朝ごはん終わったら片付けて、
すぐお昼ごはんになっちゃう。
お昼ご飯作って、みんなに食べさせて、片付ける。
夕ご飯のおかず考えて、作って、食べさせて、片付ける。

黙っていてご飯が出て来ることなんてない。
誰かが一生懸命作って、片付ける。
当たり前なんて思わないで。

在宅勤務のお父さん、お母さんも頑張ってください。
心から応援しています。

コメント


認証コード(6064)

恭子先生の教室日誌より

  • 投稿者:ゆき子 (2020-04-29 (水) 17:57:30)

東京の世田谷、感染者もけっこう多い所。
でも、小林恭子先生は頑張っています。
3学年4学年先を学習しているお子さんが、
じゃうじゃいる教室です。
幼児方程式なんてざらです。
未来フォーラムのオブジェの箱が、
天井近くまで積みあがります。
ブログを公開なさってるので、
興味のある方は覗いてみてください。

その恭子先生のブログから

感染が収まらなかったら 子どもはどんどん頭が悪くなる。
公文を知らない人に教えたい。
公文を良く知らない人は、教材だけで指導してくれないという。
公文を知らない人に教えます。
教材のどこをやるのがその子を一番伸ばすのか、
それを選ぶのこそ 最大の指導です。
市販のドリルや 一斉に出る宿題とはわけが違う公文式
外へ出かけられない子どもたちを救うのは公文式教材です。
教材を送ったあと できるかな できたかなと息を殺して
期待して待っている人が 公文の指導者です。

目標ができ、頑張りをほめてくれる人がいる。
進度が進めば 目標は誇りとなり、自信となる。

恭子先生ごめんなさい
勝手に引用させていただきました。

コメント


認証コード(4657)

学校の休校が延長になりました

  • 投稿者:ゆき子 (2020-04-29 (水) 17:31:39)

5月6日(水)までの休校だったのが、
5月31日(日)まで延長されました。

でも、公文式学習は「在宅型学習」という形で、
学習ができるようにします。
4月の無償教材提供とは違い、よりきめ細かく、
わからないところはきちんと教え、
間違いも直せるようにします。

月1回~3回の教材交換を行い、
訂正箇所には赤ペンで説明を入れます。
ご家庭の方からも、お子さんご自身からでも、保護者の方からでも
わからない箇所、ここはどうすればいいのか、
どんどん質問を寄こしてください。
自分でわからない箇所を整理するのも勉強になります。

ご家庭でのご協力も必須になります。
でも。それは真摯にお子さんの方を向く、
ということになりはしないでしょうか。

ピンチはチャンス、
ちょっと見方を変えるだけで、
道は開けてきます。
お子さんを一層伸ばせるチャンスが来た、
そう考えていきましょう。

コメント


認証コード(8081)


  • New!!中3、全国平均上回る全国学力テスト(朝日新聞報)
    • 全国学力調査 小6、算数は下回る
      今年度の全国学力調査の結果が31日、公表されました。
      県の中3の正答率は、今年度初めて実施された英語を含め、全科目で全国平均を上回りました。
      小6は国語が全国平均を上回る一方、算数でわずかながら下回りました。県教育委員会は「授業改善を重ね、県内の子どもたちの学力は安定した状況にあります。特に各市町での小中一貫教育の取り組みが成果を上げている」と分析しました。
      今回の調査は4月18日に実施。県内では小6が499校の3万1366人、中3は263校の2万8434人が参加しました。昨年まで算数(数学)と国語で、知識を問うA問題と応用を問うB問題に分けて出題されていたが、今年から科目ごとに統一されました。
      中3が全科目で全国平均を上回ったのは2007年の調査開始以来12年連続。今年は国語、数学、英語のいずれも平均正答率が全国(国立、私立を除く)を2ポイント以上、上回りました。学習状況調査で今年度から学校に小中連携の状況を問う設門が加わった。
      「教科教育などで連携した」のは小学校が73,2%(全国比+8,2%)、中学校が76,0%(同+8,0%)と高く、県教委は「学級や個々の子どもの課題が小学校から中学校にしっかり引き継がれた結果が中学生の高い学力につながった」とみている。
      今年初めて実施された英語の正答率は58,2%と全国の56,0%を上回り、特に書き取りの成績がよかった。「話すこと」はUSB端末から学校のパソコンに問題を取り込んだり、生徒の解答を録音して返送したりしなければならず、全国で500校が未実施に終わり、
      点数は「参考値」とされた。県内では島田市立金谷中学校が機器の不具合で当日、試験が行えず、後日実施した。
      一方、小6では算数の「量と測定」に課題がみられた。
      棒グラフから量の変化を読み解いたり、文章を読んで式を立てたりする設問で正答率が低かった。国語は、漢字の成り立ちや文脈から同音異義語を書き分ける授業に取り組み、課題を克服。
      特に記述式で答える問題の平均正答率が高かった。

  • 中3生全員に英語4技能テスト実施決定!
    • 文部科学省は2015年6月、国公私立のすべての中学3年生計約110万人を対象として、英語4技能を測定する全国的な学力テストを2019年度から新たに実施すると発表しました。2017年度に具体的な実施方法を決め、2018年度には試験的な予備テストを行う予定です。決定の背景には、文部科学省が昨年行った全国の国公立約480校の高校3年生への英語力調査がありました。調査の結果、なんと4技能とも全体の約7~9割が「中学レベル」だと判明したのです!そのような結果もあり、中学生段階から英語力を見極め、指導方法の改善に生かす必要があると判断されたのです。
      英語4技能とは?
      英語4技能とは、「聞くこと(Listening」「話すこと(Speaking)」「読むこと(Reading)」「書くこと(Writing)」
      です。文部科学省は、日本の高校3年生の英語力について、特に「話すこと(Speaking)」と「書くこと(Writing)」
      が課題だと分析しています。
      将来のことを考えると、小学校の闇に英語に馴染み、4技能を育んでおく必要があります。2018年度の先行実施から、小学3年生からの英語必修化も決定しています。英語学習を始めることに“早すぎる”ということはありません。公文式英語は、たくさん英語を聞いて、先生の前で英語を発音して、たくさん英語を読んで、たくさん英語を書く学習法です。公文式英語をまだ体験されていない方はこの機会にいかがでしょうか?

  • 最初は数国が基本
    • ①2教科はたいへんそうなので(子どもが)・・・。
      ②2教科はたいへんなので(親が経済的に)・・・。
      ①の場合はいざ2教科にしようとすると
      今度はもっとたいへんになることがわかっていない。
      1教科で慣れてしまうと、もう1教科が増えることは大きなストレスになります。
      ②の場合はそれぞれご家庭の事情がありますから何とも言えませんが、車は2台父母それぞれにお持ちの余裕はあるみたいなんですけどねえ、と思ってしまいます。
      中学に進んでから、あらしまった、と思ったときには幼稚園年長・小学1年生でかける分の数倍の費用と5年間6年間の遅れの分を取り戻す労力がかかります。
      子どもに本当の力をつけたいと思うときには適切な時期、というものがあるのです。
      それを逃すともう取り返しは付きません、とは言いませんが多大なエネルギーを必要としてしまいます。

  • 学習指導要領のその後
    • 以前、新年度からの授業がどう変わるかについて紹介しました。そこでも少し触れましたが、学習する内容が増え、教科書も厚くなり、子どもたち全員がついていけるか心配があります。
      新指導要領が、旧指導要領で削り過ぎた内容を一部復活させたり、新しく付け加えられたりしたことは、報道などでご存じだと思います。授業時間数も、週1コマ(小学校低学年では2コマ)増えました。それだけでも、子どもにとって負担が増すことは確かです。
      ただ、旧指導要領で「3割削減」されたと言われた内容がぜんぶ復活したわけではありません。社会で自立するための基礎や理数教育など、必要なものに限って加えるというのが新指導要領の考えです。しかも、前の学年で勉強したことを反復したり、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)のB問題に見られるような「活用」の力を育てる学習活動を行ったりすることも、大きな特色です。

      小学校のお子さんをお持ちのかたは、試みに、学校で配られた教科書をご覧になってください。去年までの教科書と比べてみればわかるのですが、ちょっと中身がぎっしりとした気がしませんか? 国語にグラフや表が載っている教科書も、少なくないと思います。「インタビューの仕方」「話し合い・討論」「プレゼンテーション」などの活動を、随所に指示したものもあります。算数や理科などでも、説明やレポート、問題解決型学習などを盛り込んでいます。
      学習内容は増え、しかも、学習活動は多様になる。さらには、ほかの教科とも関連づけながら、学校の授業全体として、子どもたちに「生きる力」を支える「確かな学力」を育んでいく……。これが、新学期からの授業なのです。
      学習指導要領を定めた文部科学省の担当者自身、「詰め込み、落ちこぼれが心配だ」と漏らしているくらいです。そんななかでも、一人ひとりに確かな力をつけるのは、実際に子どもたちに教える先生方の役割です。保護者の方々も、お子さんの通う学校でどのように授業が変わっていくのか、さらには、子どもたちにどういう力がついているのか、先生方にきめ細かな説明を受けながら、大いに注目していく必要がありそうですね。


教室の学習風景

画像の説明
画像の説明
画像の説明

教室を見に来てください。


大手進学塾では見られない多くの生徒さん達の明るい笑顔が見られます。
いつでも歓迎ですので、お電話お待ちしております。
携帯電話:090-2260-0671(にいづまゆきこ)

本市場教室・横割教室へ行くには?

本市場教室・横割教室の地図

学習日本市場教室火・木 横割教室月・水 です。

教室へ行くには

本市場教室

画像の説明

横割教室

画像の説明


*****************アクセスカウンター**************

トータル昨日今日
15176112158

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional